借金返済ラボ【お金の悩みを解決】

 
貯金通帳を見ている人

当サイトは金融機関からローンやキャッシングをして、借金返済を現在している方に、様々な借金事例を紹介するサイトです。

様々な境遇の方が苦労をしつつも頑張って借金の完済をしたことを知れば、自分の借金返済の励みにもなります。

なお、どうしても自力で借金を完済するのは無理だと判断したなら、出来るだけ早期に借金返済問題を解決するために債務整理をする必要があります。 その場合は、借金返済問題を扱っている法律事務所などに解決のサポートをして貰わなければなりませんが、まずは公的機関もしくは民間機関が行っている借金の無料相談を受けると良いでしょう。

当サイトで取り上げた借金事例は、返済のための一助とはなりますが、返済不能に陥っている深刻な状況の方は当サイトを読むだけでなく、債務整理の専門家のアドバイスも受ける様にしてください。 弁護士などの法律の専門家のサポートを受け、任意整理や自己破産などの借金返済問題の解決方法を採る必要があります。

 

カード返済のために金融会社から借金をしました

 

私が働いていた会社が倒産したので、家族を養うための生活費に使うためにカード会社から借金をしてお金を借り、アルバイトをしながら就職活動をして一時期生活していました。

最初の頃は、借りる額も小額だったので借金返済も楽に済み利息なども気にならないほどだったので、きちんと就職さえしてしまえばこれ以上借金でお金を借りることも無く、また平和に暮らせると考えていました。 しかし、この就職難の為なかなか就職がきまらず、アルバイトだけでは生活もできずにカードで借り入れする借金の額がどんどん膨れ上がってしまいました。

どうにかしてカードの借金返済をしなければと思い、今度は金融会社からお金を借りるようになり、それでカードのお金を返済していたのですが最終的には50万円ほどの借金になってしまいました。

就職も決まらずどうしようもなくなっていたのですが、知り合いが経営している会社で人手が足りなくなってきたので来ないかと言う誘いがあったので、なんとか無事に就職することができ、今現在も少しずつ借金返済をしながらなのですが無事に生活を安定させることができました。

借金をする始めの頃は、小額であったり、先ずお金が入ったことによる安堵感で気が緩みがちですが、きちんと自己管理していかないと借金返済で痛い目に合うことを学びました。

自分の場合は、無職となって収入が無い時に借金をしてしまったことが問題だったと今さらながら感じています。 今後は、できるだけ借金をすることが無い様に、今の借金返済が終わったら貯金をしていきたいと思っています。 前の会社が倒産した時も貯蓄さえあれば、借金をしなくとも済んだわけですからね。 借金をすると、貸付金利をプラスして返済しないといけないので、借金はしないに越したことはありません。

 

友人が車の購入で借金していた背景

 

友人は借金を抱えるようなタイプでその様子を見ていました。 最初は引っ越しをして来たのでお金を多く使っていました。

その後に生活するための道具を買うと言って貯金を失っていたのです。 友人が借金をしたのは普通の生活をするためで大きな問題がありました。 仕事や遊びの関係で車が欲しいと言って、その様な理由でお金を借りたのです。

結果的にはその判断が友人を借金返済で難しい立場に追い込んでいきました。 返済できない金額だったので色々な催促が来ていました。 その時の友人は疲れていてお金のことが常に頭にありました。 私は心配で、今後の返済計画を一緒に考えたことを覚えています。

友人はお金の管理ができないので、協力して借金の返済をしていきました。 車を買ったことで借金ができたのは意外ですが、しっかり返金するべきだったのです。

それからは稼いだお金をメモして返金する日を決めました。 友人はその方法を使って無駄な出費をやめるようになりました。 お金を返していくと表情も普通になっていくのが分かりました。

同じような借金返済方法を継続させることで、車の借金は自然になくなりました。 その時は友人が嬉しそうで、これまでの辛い部分を忘れている様子でした。 友人はこれからお金を借りることを避けたいと話していたので大丈夫だと思いました。

お金を借りる際には計画性がないと全てが悪循環になることを知りました。 高額な買い物は実際に自分の危険に繋がるので慎重になるべきです。 友人もこの体験で反省しているので大きな買い物は抑えている生活です。 [追記]

 

旅費のおこづかいが初めでした

 

借金を初めてしたのは、友人に旅行に誘われたからです。 旅費は貯めていたのですが、おこづかいが足らなかったためです。

旅費はあっても旅行中の食費やお土産代など入れると結構な額になりました。 その時は10万円を借金で借りました。

次の月にはボーナスが入る予定だったのでボーナスで一気に返済をしようと思っていました。 実際、その時はボーナスで一気に返済しました。 初めての借金ということでなんだか怖かったのですぐに返済をしました。

しかし、これで結構簡単に借りれて返せるという思いが私の中に芽生えました。 今までは旅費を貯めてから友人と旅行に行っていましたが、旅費プラスおこづかいを借金するようになりました。 そのたびにボーナスで一気に返済をしていました。

ですが、一回思いもよらずボーナスが下がってしまったことがあり、その時はボーナスで一気に借金を返済することができなくなりました。 その借金が完済する前にまた旅費を借りてしまい、気付くと100万円くらい借金が膨らんでいました。 返済は初めに借りたところと、カードの借金があります。今は、金利の高いカードの借金の方から優先的に月々支払いをしています。

そして、借金の根源になった旅行に行くのも控えています。 月々に返済できる金額が少額なのと、転職してボーナスがない会社に就職してしまったのでまだ思うように返済できていません。 借金をまとめることができればいいのですがなかなか難しいです。 これからもくじけずに返済を頑張っていきたいです。 [追記]

 

考えの甘さが導いた結果..

 

最初にキャッシングしたのは夜の飲み会が毎晩のように続き、借金でお小遣い程度の借入をしたのがきっかけでした。

その後も事あるごとに軽い気持ちでカードを頻繁に使うようになり、1社の限度額を一杯まで利用してしまうと次の会社で新規借入するという事を繰り返してしまいました。 どこがで借金ができる間はよかったのですが、ある会社にキャッシングを申し込んだ時に融資を断られその時初めて現状の大変さに気付きました。

その時点で5社200万超の借金をつくってしまい途方に暮れるわけにもいかず何とかせねばいけないという気持ちになり、以後、借金返済をコツコツ続けていきました。 融資が出来ていた間はさほど気にしていなかったのですが借金返済のみを行っていくと利息の負担で元金が一向に減っていきません。

お小遣いの範囲で借金返済の支払いを続けていくのには無理があり、いずれ苦境に立たされると思っていた矢先に1社返済を忘れていたのに気付かず自宅に督促状が送られてきて家族にバレてしまいました。 叱咤される中、正直にすべての借金を打ち明け陳謝するとともに対策を練る事になりました。

幸いといっていいものか家族が住宅購入資金を溜めていたお金の一部で何とかすべての借金を返済する事が出来ました。 お金の問題は精神的にもよくなく周りの人間にも負担をかける事もあり、二度と借入はしないと思っている次第です。

(おすすめサイト)
http://借金返済.net
支払い不能で借金返済できない場合は、早急に債務整理することを考えましょう。

(行政に相談したい場合は)
多重債務に関する相談/札幌市

 

自営の仕事がうまくいかずにキャッシング

 

自営にて家電の取り付けなどを行っていました。 以前は仕事も途切れることなく収入も安定していたのですが、最近下請けの仕事がひとつ無くなったことにより収入が減りました。 一番安定していた収入源だったので、大打撃です。 そのせいで家賃や税金の支払いなどが滞るようになりました。

再三の家賃請求でいたたまれなくなり、キャッシングによる借金でどうにか支払いを済ませることにしました。 しかし収入が安定していないのですから、何も解決はしていません。 借金返済もつらくなり、それどころかまたしても家賃支払いができなくなりました。

不安定な収入を補うためには、やはり仕事のかけもちしかありません。 空いた時間は警備員のアルバイトをし、なんとかその日その日を過ごしていました。 警備員のアルバイトは日払いでバイト料がもらえるため非常に助かっていましたが、それほど多くはありません。 でも本業を続けながら副業をするには、空いた時間にすぐ入れるような派遣の警備員のバイトが都合よかったのです。

お金が入ったらすぐ借金返済、そんな生活を続けていました。 債務が減るどころか2年そんな生活を続けたところ、なんと借金の総額は200万円にもなっていました。 「これ以上本業にしがみつけばしがみつくほど借金は膨れ上がるのでは?」と考えるようになりました。

そこで借金返済のために、思い切って本業を畳むことを決意して再就職をすることにしました。 バイトかけもち生活で増えてしまった借金は、債務整理をしました。 たまに以前の羽振りのよかった時代が懐かしくなりますが、収入は安定していますし、残った借金の返済も無理なく続けられてほっとしています。

 

セレブだった友人が借金返済

 

仲が良かった友人が実は借金の返済をしていることが分かりました。 友人とは社会人になってから仲良くなり、お互いに結婚しても仲良くしていました。

友人の旦那さんが結構稼ぎがいいみたいで、車も外車に乗っていたり、ちょくちょく旅行に行っていて結構金遣いが荒かった印象がありました。 一番驚いたのが、ちょっとの距離でもすぐにタクシーを使うことでした。 そんなお金持ちだったはずの友人が借金返済をしているなんて、と最初は疑っていました。

しかし友人曰く、旦那さんは営業職で成績が悪くなったり、会社の業績が悪くなると給料がガクッと減る、でも一度こういう生活をしてしまったら、なかなか元には戻せない、とのことでした。 確かに一度派手な生活が身についてしまったら、なかなか元には戻れないと思います。

でも、贅沢な生活をするために借金をするなんて本当に馬鹿げていると思います。 友人たちはクレジットカードで借金生活をするようになっていて、その残高の返済が全く追いついていないとのことでした。

とにかくクレジットカードは借金なので使うのを止めるように言ったのですが、カードの支払いをすると現金が残らないので生活ができないと言うのです。 そして、1か月間は無利息の消費者金融に手を出して借金をしまったそうです。

このままだと絶対にどんどん悪い方向へ向かってしまうと、一度友人の両親と旦那さんの両親にお金を借りて一括で借金を返済したそうです。 そして友人も仕事を始めて、お互いの両親にも借金を返しているそうです。